健康のために食べる時間に気を付ける

体は食べたものでできています。そのため、健康を維持するためには食べるものや食べる時間などを意識することが大切です。
私は1日3食を決まった時間に食べるようにしています。毎日決まった時間に食事をしていると、その時間になると体が食べものを受け入れる準備をしはじめるのだそうです。

決まった時間に食べていれば、体内時計のリズムを整えることにも役立ちます。人間の体内時計は地球の自転と少しずれていて、24時間とちょっとです。朝日を浴びることで体内時計がリセットされますが、それだけでなく朝食を食べることでも体内時計がリセットされます。朝食を食べることが体のリズムを整えるために大切なことなのです。
朝食を食べる人と食べない人を比べると、食べない人は日中の代謝が低いという研究結果もあります。代謝がよい体を維持するためには、朝食を食べることが大切だといえそうです。

朝はバタバタしていて朝食を食べる時間がないという人も多いと思いますが、私は毎日食べるようにしています。朝から食事の準備をしていると時間がかかって大変なので、前日から準備をしたり、納豆など調理なしで食べらるものを用意したりしています。

夜は8時までには食事を済ませるようにしています。体内時計の関係で遅い時間に食べると食べたものが体にたまりやすくなります。また、夜はあまり活動をしないため夜遅い時間に食事をすると、食事で摂取したエネルギーをほとんど使うことなく眠ることになります。さらに、消化が不十分な状態で眠ることになり、胃がもたれて朝ごはんを食べられなくなります。肥満防止のためには食べる時間も大切です。

夕方ころには間食をしています。空腹時間が長いと次に食事をしたときに血糖値が急激に上がってしまい、脂肪合成の働きを持つインスリンが大量に分泌されてしまいます。間食をすれば血糖値を安定した状態に保ちやすくなり、食事をしたときのインスリンの大量分泌の抑制につながります。
このように食べる時間帯に気をつけて健康管理をしています。