無理なく健康になる為に実践している事。

健康的な暮らしをする上で大切なのは無理をしない事だと思います。理由は様々ありますが一つは健康を意識する余りに制約を付けすぎてしまい、結果的にそれがストレスになるからです。何かを我慢した上での健康にはいずれ無理がでます。糖質制限や炭水化物を抜くようなダイエットは一時的に効果はあれど、生涯それを継続するのかと思うと絶望する時が必ず来ます。

そして、その反動でリバウンドって事も珍しくないです。というか自分はリバウンドを二度ほど経験済みです。ですので何かを犠牲にする健康法はなるべく避ける必要があると個人的には考えます。勿論、本能に従順過ぎてもダメだと思います。常識的な範囲内での摂生や自制を心がけ、極端な事はしないのが良いです。そして、その健康法を実践する上で大事なのはゴールを設定する事です。

目標が明確な方が頑張り易いというのもありますが、それ以上にゴール無きマラソンはただの地獄です。自分が健康になる為に求める物は何かをきちんと理解し明確な目標と終わりをきちんと定める事が良いと考えます。また、間違った知識で間違った努力をしてしまうのは危険だと考えるのでプロの方のアドバイスを受ける必要もあります。自分の場合は皮膚科や内科に定期的に通い体のメンテナンスをして貰っています。そして不具合があればそれを治す協力をお願いしています。

今現在実践している事は腹八分目に留める事と、バランスの良い献立にする事です。他にも毎日ウォーキングをかねて、少し遠いスーパーに買い物へ出掛けたり、休日でもダラダラしない様に早寝早起きを心がけています。激しい運動はあまりしないですがストレッチは欠かさずやっています。学生時代にはバスケをしており、今でも時々友人が立ち上げた社会人バスケの集まりに参加しているので筋肉量は微減程度に収まっています。どうしても代謝が落ちてしまうのでそこら辺をどうしていこうかなと考えて居るのが今の課題です。