ダイエット成功後の体系維持と健康への気遣いから1日8時間睡眠を心がけてます!

 意外に思われる方も多いかもしれませんが、良質な睡眠には健康を維持するだけではなくダイエット効果も実はあるんです。筆者は昔から太っていたため様々なダイエット法を試し毎回体重は落ちるものの何度もリバウンドを繰り返し、自分に合ったダイエット法を模索していました。

 結果として半年間で約30キロのダイエットに成功しましたが、たび重なるリバウンド経験からこんどこそリバウンドを回避するにはどうしたらいいだろうか?ということを考えながら行き着いたのがタイトルで述べた1日8時間の良質な睡眠です。

 寝ている間に分泌される成長ホルモンには、日中に傷ついた筋肉や細胞を修復する機能のほかに脂肪の燃焼作用があるといわれています。ただ、きちんと寝ているだけでダイエットにつながるのならこんなにありがたいことはありませんよね。ただし、現代社会ではスマホやタブレットの過度な使用による交感神経の興奮によって睡眠に悩まされている方も多いのではないかと思います。

 1日8時間というのはあくまでも筆者の場合はそれだけの時間が必要なだけなので、どれくらいの時間が必要かは個人差があると思います。が、現代人は睡眠時間が足りていないといわれているので、普段の睡眠時間より長めの睡眠が本当は必要かもしれません。良質な睡眠は寝る前のリラックス状態が大切です。耳が痛いかもしれませんが、寝る1時間くらい前からはスマホやタブレットは使用せずに読書や音楽を聴くなどしてまぶしいものを見ないようにしましょう。

 また、寝る前の下半身のストレッチやヨガなどは血流の改善につながりリラックスすることができるのでお勧めです。上半身の運動は逆に体が興奮してしまうので寝る前は行わないようにしましょう。暑さが厳しい季節ですが、運動を始めるには室内で軽い運動を始めるには適した季節です。

 良質な睡眠を手に入れるためには、特に寝る前の生活習慣の改善が必要なので、この機会に自分自身と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。