健康のために座りっぱなしや睡眠を意識

個人的に健康のために心がけていると言えることは、座りっぱなしを防止することです。仕事柄パソコンに向かっている時間が長く、気がつくと食事以外はずっと座っているということも少なくないほどです。以前まではそれでも問題ないと感じていたのですが、少し前から腰が痛いと感じるようになってしまったのでした。寄る年波には勝てないということなのかもしれません。

そのため、できる限り暇を見つけては立ち上がるようにしました。立ち上がってその場で伸びをしてみたり前屈をしてみたり、簡単なストレッチをする癖をつけたのです。それだけでも、腰が痛いと感じることがだいぶ少なくなったように感じました。本当は立ってパソコン作業をするのが良いのかもしれませんが、昇降可能なデスクではないですし、導入するコストを考えるとこの程度が限界なのかなとも思っています。

また、改めて座り姿勢について意識してみると、思った以上に猫背になってしまっていることに気が付きました。その都度姿勢を正してみるのですが、気がつくと丸まってしまっているため気をつけています。このことから、姿勢を意識するというのも健康のために心がけていると言ってもよいのかもしれません。

もうひとつ、睡眠時間についても心がけています。極力早めに、遅くても0時までには寝ることを意識しています。以前夜中、ひどいときには夜明けまで起きている日が連続したことがあったのですが、そのときかなり体調が悪くなってしまいました。判断力が落ちたり元々のマイナス思考に拍車がかかる事態となり、改めて睡眠の重要性を理解したのでした。

睡眠を心がけるようになった今は、心身ともにだいぶ落ち着いてきているなと感じます。猫を飼っているので早朝に起こされることがあったりとまとまった睡眠が取れないこともありますが、元々寝る時間を早めることでなんとか対応できているかなと思います。

座りっぱなしと睡眠という基本的なことではありますが、その基本ができていないと痛い目をみることを身を以て理解しているため、引き続き心がけていきたいポイントとなっています。